金融庁

金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム

EDINET

提出 開示書類等提出者のサイト

文字サイズ小文字サイズ大

EDINETに関するお知らせは、トップメニューのお知らせ一覧にも掲載しておりますので、あわせて御確認ください。
お問い合わせの多い御質問(よくある質問TOP10)を掲載しました。 (平成29年5月26日更新)

Windows Vistaの製品サポート終了に伴う
端末要件の変更について(平成29年4月12日更新)必ず御確認ください。

 

「Windows Vista」の製品サポート終了に伴い、EDINETの…続きを読む

「Windows Vista」の製品サポート終了に伴い、EDINETの端末要件から「Windows Vista」を除外しました。
なお、「Windows Vista」は、直ちにEDINETが御利用できなくなるわけではありませんが、OSのバージョンアップを推奨します。
(当該OSに起因する不具合と思われるお問い合わせに対し、対応ができない場合があります。)

EDINETのサーバー証明書及び
コード署名証明書の更新について必ず御確認ください。

 

平成28年9月19日に、EDINETのサーバー証明書及びコード署名証明書を更新し…続きを読む

平成28年9月19日に、EDINETのサーバー証明書及びコード署名証明書を更新しました。
大量保有報告書様式(Excel版)又は報告書(XBRL)作成ツールを御利用の方は、トップメニュー「提出書類様式」よりツールをダウンロードしなおしてください。

Windows10の御利用について
(平成28年3月19日更新)必ず御確認ください。

 

EDINETは、平成28年3月19日にOS「Windows10」、Webブラウザ…続きを読む

EDINETは、平成28年3月19日にOS「Windows10」、Webブラウザ「Internet Explorer11」の組合せに対応しました。
※Webブラウザ「Microsoft Edge」への対応は未定です。

上記に伴い、EDINETの端末要件にOS「Windows10」、Webブラウザ「Internet Explorer11」の組合せを追記しました。
詳細は、最新の端末要件を御確認ください。

HTTPS通信に関するブラウザの設定変更について(SSL3.0の脆弱性への対応)
(平成27年10月3日更新)必ず御確認ください。

 

EDINETでは、HTTPSによる暗号通信を使用していますが、HTTPS通信で使…続きを読む

EDINETでは、HTTPSによる暗号通信を使用していますが、HTTPS通信で使用する通信方式のひとつであるSSL3.0には、通信の一部が解読可能となる脆弱性が存在します。

EDINETでは、情報セキュリティ保護の観点からSSL3.0を無効化しました。
SSL3.0のみを有効にしているブラウザからは、EDINETへのアクセスができないため、ブラウザの設定をTLS1.0以上に変更してください。

EDINETの受付時間について

 

EDINETにおける書類提出及び電子開示システム届出の受付時間は平日の9:00~17:15となります(年末年始は除く)。… 続きを読む

EDINETにおける書類提出及び電子開示システム届出の受付時間は平日の9:00~17:15となります(年末年始は除く)。
EDINETを初めて御利用になる場合(ユーザIDをお持ちでない方)は、「電子開示システム届出」から手続を行ってください。
※EDINETを御利用いただくに当たり、端末の設定が必要となります。
端末設定方法に関する詳細及びブラウザ等の環境については、書類提出用端末要件を御覧ください。

株券の発行において、当日の市場価格の終値を参照して発行価格が確定し、当日又は翌日に効力を生じさせることが必要な訂正届出書について、発行価格の協議に時間を要する場合、書類作成に時間を要する場合、システムの都合等やむを得ない理由があるときは、原則として、EDINETの受付時間を延長することになりました(おおむね19時まで)。
※なお、その他の書類の開示についても、EDINETの受付時間を延長することがあり得ます。

○大量保有報告書等を御提出される方へのお知らせ
平成20年12月9日 「大量保有報告制度における課徴金制度の開始について~大量保有報告書等の提出義務のある方は十分にご注意ください~」を御確認ください。
○有価証券報告書等提出会社へのお知らせ
平成20年12月9日 「お知らせ」(課徴金制度の見直し及び継続開示書類の提出期限の承認制度について)を御確認ください。

※上記以外のお知らせについては、トップメニューのお知らせ一覧を御確認ください。

電子開示システム届出の更新について

 

平成20年12月12日に改正された「開示用電子情報処理組織による手続きの特例等に関する内閣府令(以下「内閣府令」といいます。)により、継続してEDINETを利用するためには、 電子開示システム届出書の受理日から3年経過した日(以下「基準日」といいます。)から1か月以内ごとに電子開示システム届出書に添付した書類と同種の書類(以下「定款等その他の書類」といいます。) を管轄財務局に提出していただくこととなりました。
そこで、EDINETでは、該当される方に御案内として、平成23年11月1日以降順次「基準日が到来する旨(定款等その他の書類の提出対象者)」、「基準日が到来した旨(定款等その他の書類の提出対象者)」並びに 「基準日が更新された旨(定款等その他の書類を提出した方及び定款等その他の書類の提出を不要とされている方)」の3種類のメールを自動送信させていただきます。EDINETを利用して書類を提出される皆様方には、 御承知置きくださいますようお願いします。
(注)「基準日」において有価証券報告書等の継続開示義務を果たしている者(内閣府令第2条第7項第2号に該当する者)又は、大量保有報告書の特例対象株券保有者及び外国債発行者については、定款等その他の書類の提出は不要となっています。
(詳細は、「よくある質問」(2.提出者届出)の項及び「書類提出操作ガイド」の関係箇所を御参照ください。)

注意(未公開株、ファンド等の取引について)

 

●「未公開株」「私募債」「ファンド(組合など)」の証券の取引に関してトラブルが発生しており、… 続きを読む

●「未公開株」「私募債」「ファンド(組合など)」の証券の取引に関してトラブルが発生しており、また、「EDINETに証券の情報を開示しているので安心である。」、「財務局受理印が押されているので安心である。」といった違法的な勧誘が行われているとの情報が寄せられています。
●金融庁・財務局はEDINETに開示している情報について、
 ①開示内容について真実・正確と認定すること
 ②開示内容に投資判断上の重要な事項の記載が欠けていないと認定すること
 ③開示している有価証券の価値を保証・承認すること
一切ありませんので、くれぐれも御注意ください。
●なお、有価証券の取引に関し、上記①~③のような表示を行うことは、法により禁止されておりますので、御注意ください。

開示情報に関する利用申請書の提出について

 

金融庁ではEDINETの安定稼働に当たり、開示情報に関する利用申請書を提出いただいておりましたが、… 続きを読む

金融庁ではEDINETの安定稼働に当たり、開示情報に関する利用申請書を提出いただいておりましたが、平成29年4月以降、利用申請書の提出は不要といたします。御協力ありがとうございました。

XBRLトピックス

 

平成29年3月3日 EDINETタクソノミ(CG・IFRS詳細タグ付け対応版)タクソノミ要素リスト(案)が公表されました。… 続きを読む

平成29年3月3日 EDINETタクソノミ(CG・IFRS詳細タグ付け対応版)タクソノミ要素リスト(案)が公表されました。
平成29年2月28日 2017年版EDINETタクソノミが公表されました。
平成28年3月14日 2016年版EDINETタクソノミが公表されました。
平成27年4月30日 2015年版EDINETタクソノミ(開示府令改正対応版)が公表されました。

「セキュリティ証明書」についての画面が表示された場合

 

当システムにアクセスした際に、「セキュリティ証明書」についての画面が表示された場合は、端末への設定が必要となります… 続きを読む

当システムにアクセスした際に、「セキュリティ証明書」についての画面が表示された場合は、端末への設定が必要となります。端末設定方法に関する詳細及びブラウザ等の環境については、端末要件を御覧ください。 その他、当システムについての詳細は、操作ガイドの各種ガイドを御覧ください。

更新情報

 

平成29年5月26日 よくある質問が更新されました。… 続きを読む

平成29年5月26日 よくある質問が更新されました。
平成29年4月12日 書類提出用端末要件が更新されました。
平成28年1月29日 利用規約が更新されました。

ページの先頭に戻る